他社のゴールドカード級の実力
ゴールドカードの最高峰
最上級のステータスを誇る金属製カード
ビジネスに特化した特典が付帯
ビジネスカードの決定版
ANA・マイル関連の特典に特化
よりマイルが貯まり優先チェックインも
ANA提携カード最高峰の特典が付帯
デルタ航空・マイル関連の特典に特化
デルタ航空の上級会員資格が付帯
多くの航空会社のマイルに対応
マイルを貯めるなら間違いなくこの一枚
数あるカードの中で最高のコスパを発揮
SPGアメックス
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
previous arrownext arrow
Slider

SPGアメックス アメックス全般

なぜSPGアメックスはコスパ最強なのか?紹介リンク経由での申込みで特典付与

2019-01-05

世の中に数あるクレジットカードの中でも、最もコストパフォーマンスが良いと言われているのが、アメリカン・エキスプレス社が発行する『スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード』です(通称:SPGアメックス

ステータス性としてはプラチナカード級のカードです。

正式名称スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード
年会費31,000円 + 消費税
家族カード18歳以上の家族の方を対象に、1枚につき年会費15,500円で発行可能。
その他付属カードプラスEXカード(新幹線)、専用のETCカード、プライオリティパス(空港)が発行可能。

SPGアメックスは、世界規模で展開する大型ホテルチェーン『スターウッド・ホテル&リゾート』がアメックスと提携して発行しているクレジットカードです。スターウッド・ホテル&リゾートは2015年に世界最大のホテルチェーン『マリオットインターナショナル』の参加に入っており、それによりスターウッドおよびマリオットのポイントリワード参加ホテル全てでその特典の恩恵を受けられるようになりました。

クレジットカード界隈やネット上でも人気が高く、経済雑誌ダイヤモンドZAIが主催する『クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018』のプラチナカード部門にて、SPGアメックスが選出されています。

なぜこれほどまでに評判が高いのか?それはSPGアメックスのコスパの高さにあります。

今回はその内容について紹介していきます。

紹介リンク経由でのカード申込みで特典・ボーナスポイント付与!

紹介希望の方はコチラ

気軽にお問い合わせ下さい(数時間以内には返信いたします)

世界的ホテルの上級会員『ゴールドエリート』会員の資格が付与される

SPGアメックスは、特にホテル・旅行関連において力を発揮します。

SPGアメックスを発行すると、スターウッドプリファードゲストおよびマリオットホテルグループにおける上級会員資格『ゴールドエリート』が与えられます

通常、ゴールドエリート会員になるにはマリオット参加のホテルに年間で25日以上宿泊する必要があります。しかしSPGアメックスを初秋することで、初めからこのゴールドエリート会員になることができるのです。

▼ゴールドエリート資格を表す会員証。スマホのWalletにデジタル会員証としても登録可能。

ゴールドエリート会員になると、以下のような特典があります。

  • SPGおよびマリオットリワード参加ホテルの利用によるポイント獲得数が、通常1ドル = 10ポイントなのに対し1ドル = 12.5ポイントに増加(25%増
  • チェックアウト時間の無料延長(通常AM10:00まで ⇒ PM14:00まで延長)
  • チェックイン時の空室状況により、エンハンスドルーム(より上級の部屋)へ無料アップグレード
  • より高速な室内インターネット(プレミアムWifi)を無料で利用可能
  • ウェルカムギフトとしてポイント贈呈(250~500ポイント)
  • 会員限定割引料金での宿泊(公式サイトもしくはアプリ経由での予約時のみ)
  • 完全予約保証(※1)
  • モバイルキーの利用(※2)

※1 ホテル側の何らかの理由で予約の履行ができなくなった場合、ホテルが全額負担で近隣の他のホテルの客室を用意し、さらにお客様に不便をおかけしたことへの補償を行うこと。

※2 公式アプリを使用することで、モバイルチェックイン/チェックアウトができるばかりでなく、携帯電話をルームキーとして使用できるサービス。

これらの特典をマリオット傘下のホテルを宿泊した際に受けることができます。

▼特典が利用可能なマリオット傘下のホテル(一覧はコチラを参照

国内でも有名なのはリッツカールトン、マリオット、シェラトン、ルネッサンスホテル等でしょうか。これらは日本国内でも各所に多く存在しているため、非常に広域にわたりSPGアメックスの恩恵を受けることができます。

実際に私が仕事の出張で『大阪マリオット都ホテル』に宿泊した際、チェックイン時にゴールドエリート会員証を提出したところ、幸運にも上のグレードの部屋に空きがあるということで、私が予約していたスーペリアルームよりも広く眺望の良いプレミアムコーナールーム無料でアップグレードしてもらえたことがあります。

▼スーペリアルーム(38㎡)

▼プレミアコーナールーム(51㎡)

また出張最終日には、ゴールドエリート会員特典の一つであるチェックアウト時間の無料延長(レイトチェックアウト)を利用することで、慌ただしくホテルを出る必要もなくラウンジでのカフェを楽しんだ後にゆったりと帰り支度をすることができました。

 

マリオット、リッツカールトン、SPGの対象レストランで15%割引

また、日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストランならびにバーでの飲食時に、SPGアメックスで決済を行うと代金が15%オフになります。これは非常に優秀な特典だと言えます。他のクレジットカードの付帯特典として15%もの割引を行うものはまずありません。

ちなみに日本国内におけるSPG傘下ホテルは以下の通りです。

この特典の何より素晴らしいのは、ホテルに宿泊していなくても15%オフの特典を受けられるという点です。たまには少し奮発した食事をしたいという時に、SPGアメックスを所持して上記ホテルの高級レストランなどに足を運べば、この特典を受けることができます。

 

対象ホテル・直営レストランでのSPGアメックス利用でポイントが貯まりまくる

マリオット リワード/ ザ・リッツ・カールトン リワード/ SPG参加ホテルでの宿泊、もしくは直営レストランに宿泊した際、SPGアメックスで支払いを行うと 100円 = 6ポイントが貯まります。しかもSPGアメックスは『ゴールドエリート会員』の資格が付帯しているため、宿泊時の利用には1ドルにつき12.5ポイントが獲得できます。さらにこのポイントには利用期限がありません

つまりどういうことかというと、対象ホテルを宿泊する際にSPGアメックスを利用すると100円 = 約18.5ポイントもためることができるのです。非常にお得です。

例えば宿泊に対象ホテルでの宿泊に、SPGアメックスで10万円支払ったとします。

その際に付与されるポイントは 10万 ÷ 18.5 = 18,500ポイントです。アメックスのポイントというのは景品と交換する以外にもカードの支払いにも充てることができます。18,500ポイントもあれば約9,000円分のカード利用代金の支払いに充てることができます

※公式サイトからSPGアメックスでの予約時のみ特典は発生します。旅行代理店経由での予約時などは対象外なので注意。

直営レストランに至っては前述した15%割引に加えてポイントも発生するので、まさに至れり尽くせりといった特典内容です。

ポイントは航空マイルへの交換も可能

また、アメックスでは貯まったカードポイントを航空会社のマイルに交換することもできます。

▼マイルって何?という方はこちらを参照。

例えば先ほどの例でいくと、18,500ポイントをANAマイレージと交換すると約6,000ポイントになります(3ポイント = 1マイル)。

6,000マイルもあれば、経路によっては国内線の往復便のチケットと交換することもできてしまいます

アメックスに関しては『ポイントが貯まりやすい = マイルが貯まりやすい』であるので、SPGアメックスはマイルが貯まりやすいクレジットカードであるとも言えます。

 

カード更新時に『無料宿泊特典』がプレゼント

SPGアメックスの1年に1回の特典として、クレジットカードの更新時に一泊一室で2名まで無料で泊まることのできる『無料宿泊特典』が付与されます

これは文字通り、50,000ポイントまでで宿泊可能な対象ホテルについて、無料で宿泊することができる特典です。

  • 無料宿泊対象50,000ポイントまで(カテゴリー6まで、オフシーズンならカテゴリー7も)
  • 無料宿泊対象外:60,000ポイント以上(カテゴリー7以上、ピークシーズンはカテゴリー6も)

▼『無料宿泊特典』が利用できる国内ホテル一覧

ホテル名カテゴリーレギュラーシーズン必要ポイント(注)
Four Points by Sheraton Hakodate425,000
Courtyard Shin-Osaka Station535,000
Courtyard Tokyo Ginza Hotel535,000
Courtyard Tokyo Station535,000
Fuji Marriott Hotel Lake Yamanaka535,000
Izu Marriott Hotel Shuzenji535,000
Karuizawa Marriott Hotel535,000
Kobe Bay Sheraton Hotel & Towers535,000
Lake Biwa Marriott Hotel535,000
Moxy Osaka Honmachi535,000
Moxy Tokyo Kinshicho535,000
Nagoya Marriott Associa Hotel535,000
Nanki-Shirahama Marriott Hotel535,000
Renaissance Naruto Resort535,000
Sheraton Grand Hiroshima Hotel535,000
Sheraton Grande Ocean Resort535,000
Sheraton Hokkaido Kiroro Resort535,000
Sheraton Miyako Hotel Osaka535,000
The Kiroro, a Tribute Portfolio Hotel, Hokkaido535,000
The Westin Awaji Island Resort & Conference Center535,000
The Westin Miyako Kyoto535,000
The Westin Osaka535,000
The Westin Sendai535,000
Yokohama Bay Sheraton Hotel & Towers535,000
Okinawa Marriott Resort & Spa650,000ピークシーズンは60,000
Osaka Marriott Miyako Hotel650,000ピークシーズンは60,000
Renaissance Okinawa Resort650,000ピークシーズンは60,000
Sheraton Grande Tokyo Bay Hotel650,000ピークシーズンは60,000
Sheraton Miyako Hotel Tokyo650,000ピークシーズンは60,000
Sheraton Okinawa Sunmarina Resort650,000ピークシーズンは60,000
The Prince Sakura Tower Tokyo, Autograph Collection650,000ピークシーズンは60,000
The Westin Tokyo650,000ピークシーズンは60,000
Tokyo Marriott Hotel650,000ピークシーズンは60,000
The Ritz-Carlton, Okinawa760,000オフシーズンは50,000
The Ritz-Carlton, Osaka760,000オフシーズンは50,000
The Westin Rusutsu Resort760,000オフシーズンは50,000

参照:https://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/spgamex-free-award

宿泊しようとすると通常では5万円以上するようなホテルにも無料で泊まることができるため、この特典だけで約30,000円の年会費をペイできてしまいます。この特典を使って大切な人と贅沢な一晩を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

その他の空港関連特典も充実

以上に紹介した以外にも、プラチナなど上級アメックスカードの特典である空港サービス(送迎サービスや無料宅配サービス等)もSPGアメックスでは利用することができます。

▼以下の記事で紹介している特典を、SPGアメックスでも同様に利用することができます。

ただし、アメックスプラチナなどで付帯しているプライオリティパスは、SPGアメックスには付帯いしていないので注意。

▼世界中の空港のVIPラウンジに入ることのできる『プライオリティパス』残念ながらSPGアメックスには付帯していない

驚異的な特典充実度を誇るSPGアメックス、当サイトから特別申込みが可能

SPGアメックスが一般に最もコスパの良いクレジットカードと呼ばれる理由をまとめると以下のとおりです。

  • 世界最大ホテルグループの上級会員資格が付与され、数々の特典を利用可能
  • 対象レストランで15%もの代金割引
  • ポイント(=マイル)が非常に貯まりやすい
  • カード更新時に『無料宿泊特典』が付与される
  • プラチナカード(年会費140,000円)と同レベルの空港サービスを受けられる

これだけの内容を、約30,000円の年会費で利用することができるのです。正直に言って、1回旅行に行ってホテルで宿泊してしまえばペイできるほどのコストパフォーマンスを誇ります。

また、クレジット―カードとしての国際的なステータス性も十分(プラチナカード扱い)であり、他のカードと比較して見劣りすることはまずありません。宿泊や食事でよくホテルを利用される方には、強くおすすめしたいクレジットカードです。

プライオリティパスの取得を希望する場合はアメックスプラチナカードを検討

上述した通り、SPGアメックスカードの唯一の欠点として、世界中の空港ラウンジを無料で利用することのできる『プライオリティパス』が付帯していない点が挙げられます。

プライオリティパスの取得を希望される方には、当サイトからは『アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード』の取得をおすすめしています。アメックスプラチナであれば、プライオリティパスの中でも最上級の『プレステージ会員』の資格が無料で付与されます

▼プライオリティパスのプラン比較表

種類スタンダード会員スタンダード・プラス会員プレステージ会員
年会費99ドル(約10,000円)※'18年12月現在、40%割引の59ドル(約6,000円)。299ドル(約30,000円)※'18年12月現在、25%割引の223ドル(約23,000円)。429ドル(約40,000円)※'18年12月現在、25%割引の321ドル(約33,000円)。
ラウンジ利用料金32ドル(約3,000円)年間10回まで無料、それ以降は32ドル(約3,000円)何回でも無料
同伴者料金(1人あたり)32ドル(約3,000円)32ドル(約3,000円)32ドル(約3,000円)

 

紹介リンク経由でのカード申込みで特典・ボーナスポイント付与!

ご相談はこちらから

気軽にお問い合わせください(※数分以内には回答いたします)

実施中のお得なAMEXキャンペーン

今後実施されるキャンペーン

アメックス クレジットカード一覧

券面年会費カード紹介記事

アメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:2,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 6,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:29,000円 + 消費税
・家族カード:家族カードは1枚目無料、2枚目以降は1枚につき年会費 12,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

・本会員カード:130,000円 + 消費税
・セカンドプラチナカード:年会費無料で1枚発行可能
・家族カード:18歳以上の家族の方を対象に4枚まで年会費無料

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

・本会員カード:12,000円 + 消費税
・追加カード:1枚につき年会費6,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・追加カード:1枚につき年会費12,000円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:7,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 2,500円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 15,500円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

・本会員カード:150,000円 + 消費税
・家族カード:4枚まで年会費無料で発行可能

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

・本会員カード:10,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 5,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

・本会員カード:35,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 17,500円+消費税

詳細はコチラ


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:12,000円 + 消費税
・家族カード:1枚目が年会費無料。2枚目以降は1枚につき年会費6,000円+消費税

詳細はコチラ


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:26,000円 + 消費税
・家族カード:1枚目が年会費無料。2枚目以降は1枚につき年会費12,000円+消費税

詳細はコチラ


スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 15,500円+消費税

詳細はコチラ

アメックス クレジットカード一覧

券面年会費カード紹介記事

アメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:2,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 6,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:29,000円 + 消費税
・家族カード:家族カードは1枚目無料、2枚目以降は1枚につき年会費 12,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

・本会員カード:130,000円 + 消費税
・セカンドプラチナカード:年会費無料で1枚発行可能
・家族カード:18歳以上の家族の方を対象に4枚まで年会費無料

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

・本会員カード:12,000円 + 消費税
・追加カード:1枚につき年会費6,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・追加カード:1枚につき年会費12,000円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:7,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 2,500円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 15,500円+消費税

詳細はコチラ


ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

・本会員カード:150,000円 + 消費税
・家族カード:4枚まで年会費無料で発行可能

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

・本会員カード:10,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 5,000円+消費税

詳細はコチラ


アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

・本会員カード:35,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 17,500円+消費税

詳細はコチラ


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:12,000円 + 消費税
・家族カード:1枚目が年会費無料。2枚目以降は1枚につき年会費6,000円+消費税

詳細はコチラ


デルタスカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・本会員カード:26,000円 + 消費税
・家族カード:1枚目が年会費無料。2枚目以降は1枚につき年会費12,000円+消費税

詳細はコチラ


スターウッドプリファードゲストアメリカン・エキスプレス・カード

・本会員カード:31,000円 + 消費税
・家族カード:1枚につき年会費 15,500円+消費税

詳細はコチラ

-SPGアメックス, アメックス全般
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© AMEX is GOD , 2019 All Rights Reserved.