アメリカン・エキスプレス社のクレジットカードについて解説しています。

AMEX is GOD

他社のゴールドカード級の実力
ゴールドカードの最高峰
最上級のステータスを誇る金属製カード
ビジネスに特化した特典が付帯
ビジネスカードの決定版
ANA・マイル関連の特典に特化
よりマイルが貯まり優先チェックインも
ANA提携カード最高峰の特典が付帯
デルタ航空・マイル関連の特典に特化
デルタ航空の上級会員資格が付帯
多くの航空会社のマイルに対応
マイルを貯めるなら間違いなくこの一枚
数あるカードの中で最高のコスパを発揮
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

アメックス全般 スカイトラベラー

最高のマイル特典を誇る『アメックス・スカイトラベラー・プレミア』

更新日:

アメリカン・エキスプレス社の発行するカードの中で、マイルを貯めることに関して最高クラスの特典充実度を誇ると言われるのが『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』です。

マイルのみならず、旅行前~空港~旅行先に至るまでのサービスが非常に充実しており、まさにTraveler(旅行者)のためのプレミアムなクレジットカードと言える一枚です。

正式名称 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード®
年会費 35,000円 + 消費税
家族カード 家族カードは1枚につき年会費17,500円+消費税
その他付属カード プラスEXカード(新幹線)、専用のETCカードが発行可能。

スカイトラベラー・プレミアは、『アメックス・スカイトラベラー』の上位カードとなります。

旅に出るほどマイルが貯まる!『アメックス・スカイトラベラー』当サイトの紹介リンク経由で特典付与

アメックス・スカイトラベラーよりも、マイル関連の特典がかなり強化されており、旅行の際により多くの優待を受けることができるカードとなっています。

今回は、この『アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード』について紹介していきます。

目次

アメックス最高峰のマイル・航空関連サービス

アメリカン・エキスプレス社のクレジットカードは他社と同様、利用した金額に応じてポイントが貯まる『メンバーシップ・ポイントプログラム』があります。溜まったポイントは商品・マイルと交換するカード利用料金の支払いに充てる、等の使い道があります。

通常、アメックスのポイントプログラムは利用料金100円に対し1ポイントが付与されます。

【通常のポイント加算レート】

100円 = 1ポイント

アメックス・スカイトラベラー・プレミアでは、ポイントに有効期限はありません。そのため、ポイントの期限切れを気にすることなく、溜め続けることができます。

そして貯まったポイントは、マイルに移行することができます

1,000ポイント = 1,000マイル

※通常のスカイトラベラーカードの場合、マイル移行には『ポイント移行コース』への登録(有料:年間費5,000円+消費税)が必要でしたが、プレミアカードでは必要ありません

▼念のため、マイルについては以下の記事で解説しています。

そもそもマイル・マイレージって何?マイルって何に使えるの?ため方や使い方について簡単に解説

そしてアメックス・スカイトラベラー・プレミアでは、このポイント(マイル)が貯まりやすくなる特典が非常に充実しているのです。

旅に出るほど、ポイント(マイル)が5倍早く貯まる『ポイントボーナス』

アメックス・スカイトラベラー・プレミアでは、以下の場合において得られるポイントが通常の5倍(100円 = 5ポイント)になります。

比較:通常のスカイトラベラーカードの場合は3倍。

先ほど述べたように、ポイントはマイルに移行することができます。つまり、旅行するたびに貯まるマイルが5倍になるため、驚くほどの勢いでマイルが貯めることができます。

【得られるポイント(マイル)が5倍になる条件】

  • 対象航空会社27社の航空券を、円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから、直接カードで購入した場合
  • 対象旅行代理店2社の指定旅行商品を、円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから、直接カードで購入した場合

ここで、ポイントボーナス対象となる航空会社旅行代理店は以下の通りです。

【対象の航空会社 27社

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

【対象の旅行代理店 2社

  • 日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)
    → 上記対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入
  • アップルワールド(アメリカン・エキスプレスのカード会員様専用ウェブサイト)
    → 前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

※スカイトラベラー・プレミアカードで決済を行わないと、ポイントボーナスが適用されないので注意が必要です。

航空券や旅行商品の初回購入時にポイントをプレゼント『ファーストトラベル・ボーナスポイント』

カード入会後1年以内に以下の条件を満たすと、それぞれの初回時に10,000ボーナスポイントがプレゼントされます。

比較:通常のスカイトラベラーカードの場合は5,000ポイント。

【ボーナスポイントが付与される条件】

  • 対象航空会社27社の航空券を、円建てで対象航空会社のウェブサイトなどから、直接カードで購入した場合
  • 対象旅行代理店2社の指定旅行商品を、円建てで対象旅行代理店のウェブサイトや指定店舗などから、直接カードで購入した場合

ここで、ポイントボーナス対象となる航空会社旅行代理店は以下の通りです。(5倍ボーナスポイントの場合と同じです)

【対象の航空会社 27社

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

【対象の旅行代理店 2社

  • 日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)
    → 上記対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入
  • アップルワールド(アメリカン・エキスプレスのカード会員様専用ウェブサイト)
    → 前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

毎年のカード更新時にボーナスポイントがプレゼント

アメックスのクレジットカードは発行から1年毎に更新となりますが、アメックス・スカイトラベラー・プレミアの場合、毎年の更新時にボーナスポイントとして5,000ポイント( = 5,000マイル分)がプレゼントされます。

比較:通常のスカイトラベラーカードの場合は1,000ポイント。

家族で貯めたマイルを合算することができる

アメックス・スカイトラベラー・プレミアでは、自身の18歳以上の家族向けに、1枚17,500円の年会費で家族カードを発行することができます

家族カードには本会員カード同様の特典が付与され、マイルも同じく貯めることができます。そして家族カードで貯めたマイルは本会員カードに合算することができるのです。これにより無駄なく、より早くマイルを貯めていくことができます。

 

以上で紹介した以外にも、アメックス・スカイトラベラー・プレミアではコンビニや飲食店などの日常の支払いにカードを利用することでもポイント(マイル)を貯めていくことができます。

旅行に行く機会の多い方は年会費を軽くペイできるほど、ポイント(マイル)特典の恩恵を受けることができます。

貯まったポイントには様々な使い道が

アメックス・スカイトラベラー・プレミアでは、有効期限を気にせずポイントを貯めることができます。

そして貯まったポイントには様々な使い道があります

カード利用料金の支払いに充てる

貯まったポイントの使い道の1つとして、カード利用料金の支払いに充てることができます。

支払に充てた際のポイントのレートは、以下の用途によって異なります。

【旅行関連の支払いに充てる場合】

  • 航空会社または指定旅行代理店(日本旅行/アップルワールド) 1ポイント=1円
  • ホテルや指定以外の旅行代理店 1ポイント=0.8円

【旅行以外の日々の買い物等に充てる場合】

  • カード利用後の支払い 1ポイント=0.3円

ポイントを15もの航空会社のマイルへ移行可能

アメックス・スカイトラベラー・プレミアで貯めたポイントは、提携航空会社15社のマイルに移行して、航空券などに交換することができます。

※移行レート:1,000ポイント=1,000マイル

ここで、提携航空会社は以下の通りです。

【マイル移行可能な航空会社 15社】

アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」、 ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」、 ANA 「ANAマイレージクラブ」、 エティハド航空 「エティハド ゲスト」、 エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」、 エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」、 カタール航空「プリビレッジクラブ」、 キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」、 シンガポール航空 「クリスフライヤー」、 スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」、 タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」、 チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」、 デルタ航空 「スカイマイル」、 フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」、 ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」

アメックス社の用意するアイテムとの交換

以上の用途以外にも、アメリカン。エキスプレス社の用意するアイテムと、貯まったポイントとを交換することができます。

交換できるアイテムについては、カード発行後にアメックス公式サイトより閲覧可能です。

旅の始まりから終わりまで、万全のサポート特典

アメックス・スカイトラベラー・プレミアカードには、旅先での快適さをサポートし、安心を保証する特典が非常に多く付帯しています。

飛行機の遅延による宿泊代等を補償『航空便遅延費用補償』

基本カード会員本人が海外に旅行する際、航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代を補償してもらうことができます。また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償対象となります。

旅行先の困りごとも電話で24時間サポート『海外旅行先での日本語サポート』

海外の旅行先からでも、アメックスのグローバルホットラインに電話することで、24時間日本語で困りごとへの相談にのってもらうことができます。レストランの予約から緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料で連絡可能です。

※紹介はこちら

万一の場合も安心、旅行時は保険が自動付帯『旅行傷害保険』

海外旅行の際、国際航空券やパッケージ・ツアーなどの代金をスカイトラベラー・プレミアカードで支払うことで、基本カード会員本人には傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

海外でカードを紛失した時も心配無用『カードの紛失・盗難時の再発行』

海外でカードの盗難、紛失に遭った場合は、国内外問わず新しいカードを無料で再発行することができます。万一の場合も安心のサービスです。

※緊急再発行のカードは仮カードであるためデザインが異なります。

レンタカーの国内利用

指定のレンタカー会社にて国内の利用に限り、基本料金から5%オフで利用することができます。

※詳細はこちら

海外用レンタル携帯電話

海外用レンタル携帯電話をレンタル料は半額(250円→125円/日)、通話料も通常の10%割引にて利用することができます。(成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)のみ対応)

※事前に電話で予約のうえ、利用することができます。

※アメックス・スカイトラベラー・プレミアカードで支払を行う場合のみ利用できる特典です。

カーシェアリングサービス タイムズ カー プラス

業界最大手、全国のタイムズカー プラスのステーションでクルマを24時間いつでも借りられるカーシェアリングサービス『タイムズカープラス』。アメリカン・エキスプレスのウェブサイトを経由して申し込むことで、通常1,550円(税込)のタイムズカープラス会員カード発行手数料が無料になります。

※詳細はこちら

空港における充実した特典の数々

さらにスカイトラベラー・プレミアカードでは、旅行に出る前の段階、空港におけるサービスも非常に充実しています

同伴者1名も無料で利用可能『空港ラウンジ』サービス

アメックス・スカイトラベラー・プレミアのカードと利用当日の搭乗券を呈示することで、国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを、カード会員本人はもちろん、同伴者1名も無料で利用することができます。

※空港ラウンジ一覧はこちら

※スカイトラベラーカードでは『プライオリティパス』を発行することはできません。

空港パーキング

空港周辺のアクセス良好な場所で、旅行中に車を安全かつ低価格で預かってもらうことができます。長期旅行はもちろん、短期旅行にも便利な空港周辺パーキングを活用してみてください。

※詳細はこちら

大型荷物宅配優待特典

海外旅行の際、ダンボールや自転車など、大きな手荷物を預かってもらうことができる『大型手荷物宅配』サービスにおいて、カード会員1名につき、JALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)割引になります。(中部国際空港、関西国際空港のみ対応)

※詳細はこちら

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、帰国時に空港から自宅まで、カード会員1人につきスーツケース1個を無料で配送してもらうことができます。(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみ対応)

※詳細はこちら

『スカイトラベラー・プレミア』と『ANAアメックスゴールド』どちらを選ぶべきか

アメリカン・エキスプレス社の発行するカードの中に、スカイトラベラー・プレミアと年会費が同価格帯で、同じく旅行面での特典に特化した『ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード』があります。

正式名称 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 31,000円 + 消費税
家族カード 1枚につき年会費 15,500円+消費税
その他付属カード プラスEXカード(新幹線)、専用のETCカードが発行可能。

▼『ANAアメックスゴールドカード』については以下の記事で紹介しています。

マイル優待や優先チェックインも『ANAアメックスゴールドカード』当サイトの紹介経由で特典付与

当サイトを訪問された方の中に、よく以下のような疑問を抱かれている方がいるようです。

結局、『ANAアメックス』と『スカイトラベラー』のどちらを選べば良いの?

この質問については、以下のように回答することができます。

  • ANA航空機およびANA関連店を利用する機会の多い方 → ANA関連の特典に特化したANAアメックスカード
  • 多種にわたる航空会社を利用する機会のある方 → ポイント(マイル)ボーナスに多くの航空会社が対応しているスカイトラベラーカード

『ANAアメックスカード』はその名の通り、ANAの航空券を購入したり、ANA関連の店舗を利用する際にパワーを発揮するANA特化型カードです。ANA関連のポイントボーナスに関しては並ぶものはいません。ANAを一番多く利用される方には一番お勧めのカードです。

対して『スカイトラベラーカード』は、上で述べた通りポイント(マイル)ボーナスが発生する対象航空会社が非常に多いことが特徴です。利用する航空会社がANAに限らない場合は、スカイトラベラーカードの方が断然マイルが貯まりやすくなります。

『アメックス・スカイトラベラー・プレミア』は、旅行面での特典に特化した最強のトラベラーカード

このように、アメックス・スカイトラベラー・プレミアカードはマイルが貯まりやすくなるだけでなく、空港・旅行先におけるサポートも非常に充実している、まさに旅行者のために存在するカードだと言えます。

そして還元されるマイルも、通常のスカイトラベラーカードを大きく上回っており、年会費の差など簡単にペイできてしまいます。

スカイトラベラー・プレミアカードの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 対象航空会社、代理店でのカード利用でポイント・マイルが非常に貯まりやすい(通常の5倍)
  • マイル移行に対応している航空会社が非常に多い
  • 空港におけるサービスが充実
  • 旅行先でのサービス・保険内容が充実
  • 世界的に知名度とステータス性が高い
  • 購入した品物の返品保障を行う『リターンプロテクション』など、その他一般的なアメックスカードの特典も利用可能

※上記で述べている特典は、スカイトラベラー・プレミアカードの特典のほんの一部です。

主な特典内容は通常のスカイトラベラーと似通っていますが、主に還元されるマイルの点において、プレミアカードは他のアメックスカードの追従を許さないほどの還元率を誇っています

旅行の際に多種の航空会社を利用し、かつマイルを貯める目的があるのであれば、間違いなくこの『スカイトラベラー・プレミアカード』をおすすめします。

-アメックス全般, スカイトラベラー
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© AMEX is GOD , 2019 All Rights Reserved.